DentalCafeデンタルカフェ

2013
© DentalCafe All rights reserved.

last updated :

デンタルカフェ マルシェ


歯周病を予防する歯磨き方法


歯医者を選ぶポイント


ホワイトニングできる歯磨き粉??


LINK

smart-bali.jp

INFORMATION

「歯医者」と言われますと歯を削るあの何とも言えない音を思い出してしまい、あまりいい気持にはなれませんが、そもそも歯医者とはどのような事を言うのでしょうか。「歯科医師」とも言われ、歯科医師法第一条には、「歯科医師は、歯科医療及び保健指導を掌ることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」とあるようです。 この歯科医師になるためには、厚生労働省が指定した大学の歯学に関する正規の課程を卒業し、歯科医師国家試験に合格しなければならないそうです。 更に2006年度からは、歯科医師として診療に従事するためには、免許取得後1年間臨床研修を行うことが義務づけられるようです。

「歯医者」と言えば、口腔領域の2大疾患と呼ばれて多くを占める病気が「むし歯」と「歯周病」と言われていますが、それらの治療をしてくれる所、といったイメージですが、それ以外に歯科医師の仕事としてはどのようなものがあるのでしょうか。まずは「予防歯科」、フッ素塗布やフッ素洗口の指導の他、予防の為の患者管理を行ってくれます。次に「保存歯科」、むし歯の治療において神経を取ったり、消毒をしたりしてくれます。 そして、いわゆる入れ歯や被せ物、詰め物を作る「補綴(ほてつ)歯科」、骨折から癌、神経痛まで一般外科の頭頚部(頭から首近くまで)の治療を行う「口腔外科」、歯並びの治療や口腔外科と連携して再生医療の分野にまで及んでいる「矯正歯科」などがあり、子供の為の歯科診療を言う「小児歯科」や、歯並び、顎などの整形、ホワイトニングや色素除去などを行う「審美歯科」など、「歯医者」と一口に言いましてもその治療は様々なようです。

そんな歯科医師に、近年抱える社会問題があるようです。それは歯科医師が増え、需要と供給のバランスが成り立たなくなっているとのこと。 現在では、日本の歯科医師の数は10万人を超え、全国の歯科医院の数も6万軒以上と、コンビニより多いと言われているようです。コンビニほど頻繁に利用するわけでもない歯科医院が、都市部を中心に乱立しているのが実状と言われています。尚、歯科医師は人口10万人に対して50人が妥当とされているようで、 歯医者は余っているとも言われています。歯は健康が一番であり、歯医者を利用しない事に越した事はありませんが、このような現状を踏まえて、歯科医師の目線で考えますと少し複雑な気持ちになってしまいますね。

■ 優良ブックマークやその他おすすめサイト

大阪でタトゥー除去ならマスターメイクへ
福岡で浮気調査をお探しならガルエージェンシー福岡中央
三島で浮気調査をお考えなら≪ガルエージェンシー三島≫

1.歯の治療

もし虫歯になってしまった場合は…

2.歯の治療費

額が全然違う、保険治療と保険外(自費)治療について。

3.虫歯

人はなぜ虫歯になるのでしょうか。

4.歯周病

歯周組織を溶かしてしまう、治療が難しい恐ろしい病気。

5.矯正

見た目を良くする目的で行われますが、効果はそれ以外にもあります。

6.ホワイトニング

歯の黄ばみを気にせずニッコリ笑いたいですよね。

7.インプラント

抜けてなくなってしまった歯の代わりに、あごの骨に埋め込む人工の歯根。

8.入れ歯

保険がきく入れ歯は治療費を安く抑えられます。

9.予防するには

やっぱり自分の歯が一番。

10.どの歯医者に行くべきか

歯医者によく行く私が気づいた、歯医者選びのポイント。

11.歯科放射線専門医

歯科放射線専門医について