虫歯

お恥ずかしい話ですが、私はよく虫歯になり、歯医者で治療を受けている人の一人です。

きちんと歯磨きをしているつもりです・・・と歯医者で相談すると、歯にも個性があるそうで、私の歯は虫歯になりやすい歯のようです。普通の人よりきちんと手入れをして、予防する事が大切だと言われています。

そもそも、人はなぜ虫歯になるのでしょうか。

虫歯とは、医学専門用語では「う蝕」と呼ばれ、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気のようです。 虫歯といえばケーキなどの甘いお菓子が原因というイメージですが、糖は砂糖だけではなく、ご飯やパンなど、非常に多くの食品に含まれているのです。

そして一旦虫歯になってしまうと、自然に治る事は絶対にないそうです。昔は、虫歯は早期(小さいうち)に削って治すのが良いとされてきましたが、その後様々な研究が行われた結果、早期に治療をすれば痛い思いをする可能性も低くなり、進行していない虫歯の場合には、適切な予防(歯磨きやフッ化物の利用)を行い、削らずに様子見で済む場合もあるようです。

つまり、虫歯には「早期発見・早期治療」ではなく、「早期発見・早期予防」が大切なようです。

具体的に虫歯の予防法としては、きちんと歯磨きをする事は勿論、定期的に歯医者でメンテナンスを受け、歯石をとったり毎日の歯磨きで不十分な所を見つけてもらう事も大切なようです。

このように、虫歯は「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防を行えば、高確率で予防ができる病気でもあるといえます。

特に私の様に虫歯になりやすい方には、虫歯の予防に力を入れる事をおすすめします。