歯周病を予防する歯磨き方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

現在、30歳以上の成人のおよそ80%が、歯周病にかかっていると言われています。歯周病予防には、早期発見・早期治療が大切ですが、自分だけでは 分かり難いものです。歯周病を防ぐためには、歯科医院でレントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さを測ったりなど、専門的な検査をすることが必要です。

歯周病を防ぐために欠かせないのが、歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くための「プラークコントロール」です。それは、決して難しいものではありません。プラークコントロールの基本は、毎日のブラッシングなのです。

歯磨きと一言で言っても、口の中のつくりは一人ひとり違うため、歯磨きの方法も異なります。できるだけ歯科医や歯科衛生士の指導のも とで、自分の口の中、歯並びにマッチした歯磨きの方法を身に付けるようにしましょう。ここでは、歯周病予防に役立つ、基本的なブラッシングの方法について ご紹介します。

歯ブラシは、できるだけ先端のブラシ部分が小さいものを選びます。毛の硬さは「普通」から「やわらかめ」ものを選びましょう。既に歯周病になっている方や、歯茎の薄い女性の方は、やわらかい毛の歯ブラシを使ってください。

歯磨き時には、必ず鏡を見ながら磨きましょう。どこから磨くかという順番を決めて、磨き残しのないよう、しっかり磨いていきましょう。基本は、「バス法(歯ブラシの毛 先を歯と歯茎の境にあて、軽く小刻みに動かす)」で、歯を「1本ずつ」磨くつもりで磨いていきます。決して力を入れすぎないように注意してください。

磨き難い前歯の裏側は、歯ブラシを「縦」にして、歯ブラシの先を使って磨きましょう。汚れが残りやすいのは、歯と歯の間と、歯と歯茎の境です。「歯間ブラシ」や「フロス」などの補助器具を使って汚れを取り除きましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dental-cafe.info/blog/mt-tb.cgi/6

コメントする

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集