入れ歯

もし自分の歯が抜け、なくなってしまったら、と考えてみた事あるでしょうか。

もし歯がなければ、食事を楽しむ事はおろか、食べることもできないでしょうし、会話をすることも嫌になるかもしれません。そうならないために、入れ歯をしている人は多いでしょう。

近年では、インプラント治療が注目されていますが、入れ歯のメリットも決して無視できるものではないようです。

入れ歯の種類は大きく分けて2つあり、歯が全てなければ「総入れ歯」、歯が1本でも残っていれば「部分入れ歯」を作ることになるそうです。入れ歯は保険が使えるそうですから、治療費を安く抑えることができるようです。

保険が使える「入れ歯」も、合わないなどの理由から修理をしたい、という人もいると思います。そんな調整・修理が必要な場合にも、保険が使える入れ歯であれば、修理しやすいというのもメリットになるでしょう。

入れ歯には、保険がきくというメリットばかりではありません。例えば硬いものが食べられないといった状態がおこることがあります。総入れ歯の場合は、入れ歯を支えるのが歯肉なので、硬いものが食べられない、食べにくいというデメリットがあるようです。

前歯など目立つ歯はできるだけきれいにしたい場合など、保険が使えなくても(治療費が高くても)いいということであれば、予算に応じて、自由診療を選択することも可能となっています。

部分入れ歯にしても総入れ歯にしても、毎日のメンテナンスが必要となり、入れ歯だからといってほったらかしというわけにはいかないようです。

入れ歯は人工のものですが、自分の歯と同じように洗浄したりすることが大切なようです。

入れ歯洗浄剤などのテレビCMを見ると、食べたり、会話する事を楽しんでいる様子が伝わってきます。おそらく入れ歯は歯を失った人の生活を明るい物にしてくれるに違いありません。「歯」というものはそれほど私達にとって大切なものなんですね。