インプラント

インプラントとは、医療目的として体内に埋め込まれる器具の総称のことをさすようですが、歯科治療においては、なんらかの理由で抜けてなくなってしまった自分の歯の代わりに、あごの骨に埋め込む人工の歯根のことを言うようです。

インプラント治療の利点として、本体があごの骨にしっかりと固定されているため、天然の歯とほとんど変わらないしっかりとした噛み心地が回復できるそうで、入れ歯などの従来の治療法よりも自然な見た目も手に入れられるようです。

また、周りの歯を削ったり支えとして使うことがないため、残っている歯に負担をかけずにすむそうです。

しかし、インプラントは、顎の骨を削り金属のネジ(インプラント)を埋め込むという手術を伴う治療になるようですから、「手術」というと恐怖感や、その安全性について不安に思う方も多いのではないでしょうか。

インプラントの手術は、通常、局所麻酔をして行うそうです。歯科医院によっては、恐怖心が強い方に対して「静脈内鎮静法」などを併用して、眠ったような状態で手術を受けることも可能とされています。

いずれにしても手術中に痛みを感じる事はほとんどないそうで、手術のために入院する必要もなく、翌日から普通と変わらない生活を送る事が可能なようです。

また、インプラントに使用される人口歯根は、骨折したときなどに整形外科で治療する際に使用されるボルトやナットと同じ素材である、チタンで作られているそうです。

チタンはアレルギーなども起こりにくく、体に調和する素材ということですので心配はなさそうです。

しかし、治療や手術にリスクがないとは言い切れないようですから、技術や設備、アフターサポートまで、事前に医師によく説明を受け、理解する事が大切なようです。

また、インプラント治療の成功に欠かせないのは、歯科医師による治療だけではなく、インプラントを長持ちさせるために、患者自身が口の中をきちんとケアし、メインテナンスを続けることが何よりも大切とされています。