予防するには

毎日きちんと歯を磨いているのに虫歯になってしまった・・・ そんな経験をした事はありませんか?

私はその経験者の一人であり、悲しい事に近所の歯医者の常連患者です。

私はいつも先生に、「歯を磨くだけではだめだよ、食生活も大切。甘い物やジュース、とりすぎていない?」と言われます。思い当たる節が多すぎていつも苦笑いです。

甘い物が大好きで、歯には良くないと知りながらも毎日、いや、毎食後のおやつがやめられないのが現状です。

虫歯予防に大切なのは、「虫歯の原因の除去する」と「虫歯の進行を止める」だそうです。

そして、そのために最も大切なのは、やはり歯磨きの様で、中でも虫歯が進行しやすい夜の歯磨きは重要なようです。また、歯並びの悪い所は虫歯の発生しやすいポイントになるようですから、デンタルフロスなどを使用することで、虫歯の発生率をグンと下げてくれるようです。

次に注意すべきは、食生活のようです。ごく初期の虫歯は、唾液による「再石灰化現象」で自然に修復されるそうですが、一日の三食の食事以外に間食することにより、修復作業が間に合わなくなります。そして間食の回数が増えればふえるほど、虫歯の進行を後押ししてしまうようです。

特に就寝前の飲食は、寝るまでに唾液の修復が間に合わないらしく、最も悪いとされています。就寝中は唾液があまり出ないため、虫歯が進行しやすくなるといえます。

私のように、就寝前でも間食してしまうというのは、虫歯にごちそうをのこしてしまう事になるようですから控えるべきでしょう。

このように、虫歯は歯磨きだけで予防するのはむずかしそうです。規則正しい食生活をキープし、唾液による修復作業をしっかり行うといったアプローチが大切なようです。

私自身も、数年後後悔しないように、少しずつでも改善していかなければと改めて実感しました。

元気に食べている写真