歯科放射線専門医とは

歯科放射線専門医は、日本歯科放射線学会が認定した画像診断をする専門医です。この資格も厚生労働省より正式に認可されています。

歯科医師は、大学を卒業し、国家試験に合格してから初めてレントゲン写真やCT画像を読影(画像診断)をするようですね。

治療のために、どんな検査(CT、MRI、血管造影、胸部単純写真など)が適正か判断し、その検査画像から画像診断を行います。そしてさらに、今後の検査や治療方針のアドバイスしていくことを読影と言います。

歯科医師は学生時代には、いくつかの基本的な症例の典型画像しか見ていないそうです。そして、小児や入れ歯、虫歯治療を専門にしている歯医者で特に見受けられるようですが、読影の教育、研修をほとんど受けていないらしく、必ずしもお医者さんが全員、正しい画像診断をしているとは言えないのが現状のようです。

レントゲン画像に病気が写っていても、それを見抜けなければ、その病気は見逃されてしまうわけです。気づいた時には、もう手遅れ、、、なんてこともあるかもしれません。映っているのに、分からなかったなんて、すごく残念な事ですし、診てもらってた側とすれば納得いかないでしょう。

歯科関係だけでなく、内科や外科でも読影は大きく役立たれているようです。大体は放射線科医師が読影をするようですが、読影センターへ遠隔読影を依頼する医院もあるようです。 それほど読影は、診断、治療において重要視されているのです。

ネットで専門医一覧を検索することも可能です。専門医の方がいらっしゃれば、病院のホームページにもそのことが記載されていますが、歯科放射線専門医の方の人数は、まだまだ少ないのが現状のようです。