ホワイトニング

笑顔は、人を幸せな気持ちにするものです。私も日頃から笑顔でいる事を心がけていますが、ニッコリ笑った時に見える歯が黄ばんでいたらどうでしょうか?

良いイメージを受ける人はいないと思います。このような歯の着色の悩みを解決してくれるのが「ホワイトニング」です。

ホワイトニングは、加齢や生活習慣で黄ばんだ歯を、専用の薬剤やレーザーを使って白く漂泊するそうです。短期間で白い歯になり、効果も持続するため、歯の着色で悩む人に人気を集めているようです。

このホワイトニングには3種類の方法があるそうで、専門のクリニックで行う「オフィスホワイトニング」、低濃度のホワイトニング剤を使用し、自宅でホワイトニングを行う「ホームホワイトニング」、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した「デュアルホワイトニング」です。

それぞれ、方法や効果の持続期間、費用などが異なるようですから、内容をよく理解し、検討した上で自分にあった選択をする事が大切なようです。

このように、歯を削らずに白くさせる事は、ホワイトニングの最大のメリットではないでしょうか。ホワイトニングが確立するまでは、着色部分を削って除去したり、被せ物をして白く見せたりする方法が一般的でした。これらの方法では、痛みが伴ったり、被せ物がはずれたりするリスクが伴っていたようです。

近年ではホワイトニングの技術が進歩し、そのような心配はないようです。その上、歯の色合いや明るさも自分の好みに調節することができるようになり、より自分に合ったホワイトニングを行うことができるようになっているそうです。

しかし、一旦ホワイトニングをしたらそれで終わりではなく、定期的に検診を受け、必要に応じてケアをしていく必要があるようです。このようなアフターケアも白い歯を保持していく上で大切な事のようです。